学校選びで失敗しないためのポイント

>

高校受験のこと

この記事をシェアする

私立高校、公立高校

人生の中で、かなり大事な三年間を過ごす場所が高校だと言えるでしょう。
高校への進学するにしても、私立高校へ行くのか、公立高校に行くのかで、かなりの分かれ道に出会うと思います。
まず、大事にして欲しいのは、子ども本人の意見です。
高校と言っても、普通科であったり特殊な学科がある高校もあります。
私立高校も、色々な特色のある高校がたくさんあります。
その中から、受験する本人が興味のある、学びたいと思える高校を選ぶ事が大事だと思います。
私立と公立では、学費が全然違います。
私立では、平均的な費用として、入学料約20万円、授業料約40万円、施設費など約20万円ほどかかるようです。
1年生では、年間約80万円、2年生からは年間約60万円ほどかかります。
それに比べて、公立は入学金約6千円、年間授業料約12万円、総額で年間約60万円ほどかかるようです。
学費でみても、私立と公立ではかなり違いがでてくるようです。

高校選びのポイント

高校を選ぶ時にポイントとしては、まず志望校は一つに絞らずに、複数校考えるという事です。
高校も、オープンスクールや学校説明会などがあるので、複数校の高校を訪ねてみる事が大事です。
そこで実際に学校を見て、注目して欲しい点は、校風や教育方針、雰囲気、学科やコースについて、通学時間なども調べておきましょう。
実際に学校に行ってみる事で、どのような高校なのか自分の目で見て確認できたり、先生や先輩などの声を聞き、分からない事は質問して確認出来ます。
通学方法であったり、通学時間なども実際に行ってみる事で分かると思います。
そして、保護者としては、進学実績なども気になると思います。
そちらも、学校説明会や学校のサイトなどを見ると分かる事なので、事前に調べておきましょう。
そして、自分の学力などに合わせた学校を選び、受験しましょう。